DDD研究所

ーーーー・----・----・

裁定一問一答【随時更新】

Q:DD以外のモンスターを特殊召喚したターンにビルガメスの①の効果は使えますか?

A:使えます。ビルガメスのDD以外のモンスターが特殊召喚できなくなる縛りは効果発動後です。

 

Q:地獄門でDDDモンスターを手札に加えることはできますか?

A:DDDモンスターはDDモンスターでもあるので手札に加えることができます。

 

Q:アビスラグナロクのP効果で墓地のダルクを特殊召喚しました。その際にダルクの効果で1000ポイント回復できますか?

A:できません。アビスラグナロクの効果で1000ダメージうけます。

 

Q:ビルガメスの効果でゼロゴッドレイジとアビスラグナロクをPゾーンに置きました。その際にゼロゴッドレイジの効果で1000ダメージを0にできますか?

A:できません。ビルガメスの効果で1000ダメージうけます。

 

A:アビスラグナロクのP効果とトーマスのモンスター効果を使用したターンは、相手がうける戦闘ダメージは4分の1になりますか?

Q:なりません。2分の1です。

 

Q:自身の効果で特殊召喚したDDラミアが相手の強制脱出装置の効果で手札に戻る場合、DDラミアの効果で除外されますか。また、強制退出装置でデッキに戻る場合はどうなりますか。

A:自身の効果によって特殊召喚された「DDラミア」は、「強制脱出装置」と「強制退出装置」のいずれの効果が適用された場合にも除外されます。

 

Q:地獄門のカードの発動を無効にされました。そのターンに2枚目の地獄門の効果を使用することはできますか?

A:地獄門の効果の発動、効果を無効にされた場合そのターンに2枚目の地獄門の効果を発動することはできません。カードの発動はできます。(場に置くだけ)

カードの発動を無効にされた場合はそのターン地獄門の契約書の①の効果を使用することができます。

 

Q:PゾーンのカードもしくはモンスターゾーンのPモンスターを墓地へ送ってラミアを特殊召喚できますか?

A:場のPカードは場を離れると表側でエクストラデッキに加わるため、ラミアのコストにすることはできません。

 

Q:ゼロゴッドレイジのDDモンスターをリリースなしで召喚できるようにするP効果を適用して、手札のアビスラグナロクをセットすることはできますか。

A:できません。

 

Q:Pゾーンにすでにカードが置いてあるときに、ビルガメスの効果でPゾーンにカードを置きなおすことはできますか?

A:できません。ビルガメスの効果を発動できるのは両方のPゾーンが空いているときだけです。

 

Q:リンク召喚して出したビルガメスが墓地に存在しています。そのビルガメスをテムジンで蘇生させました。そのビルガメスが相手の効果で破壊された場合、②の効果でエクストラのDDを特殊召喚できますか?

A:できません。

 

Q:ゼロゴッドレイジのP効果でワンチャン!?の2000ダメージを0にできますか?

A:できます。

 

Q:相手の場に攻撃力が1000アップした超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ が存在しています。このときカリユガをエクシーズ召喚したら相手のドラグーンの攻撃力は3000にもどりますか?

A:3000にもどります。

 

Q:ビルガメスの①の効果の発動にチェーンして相手がエフェクトヴェーラーを発動し、効果を無効にしました。そのターンDD以外のモンスターを特殊召喚できますか?

A:できます。

 

Q:マクロコスモスが適用されている場合、コペル二クスのモンスター効果を発動することはできますか?

A:できます。その場合、コペル二クスで選んだカードは除外されます。

 

Q:DDゴーストの効果で裏側で除外されているDDモンスターを墓地に戻すことはできますか?

A:できません。

 

Q:ハリファイバーで特殊召喚したラミアが墓地へ送られた場合、そのラミアの効果を使用することはできますか?

A:できます。

 

Q:相手のモンスターの数が変動してゼロゴッドレイジの攻撃が巻き戻った場合、再度②の効果で攻撃力を上げることはできますか?

A:攻撃対象を選択しなおすだけで、攻撃宣言をもう一度行うわけではないので、②の効果を再度使うことはできません。

 

Q:クロシープのリンク先にテムジンがいるとき、もう片方のリンク先にアレクサンダーを出しました。この場合、クロシープの墓地からレベル4以下のモンスターを蘇生させる効果と、攻撃力を700上げる効果を両方使えますか?

A:使えます。効果処理時にリンク先のモンスターを参照して、儀式>>融合>>シンクロ>>エクシーズの順に効果を適用します。

 

Q:自分のフィールド上の常闇の契約書の効果が適用されている場合、相手は永続罠、永続魔法をリリースして真竜拳士ダイナマイトKをアドバンス召喚できますか?
A:『このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる』方法で、相手は「真竜拳士ダイナマイトK」をアドバンス召喚することができます。

 

Q:ワンチャン!?の効果でエンドフェイズに2000ポイントのダメージをうける際に、自分のPゾーンのDD魔導賢者コペルニクスのP効果を使うことはできますか。
A:「ワンチャン!?」の『エンドフェイズに自分は2000ダメージを受ける』処理はチェーンブロックを作りませんので、「DD魔導賢者コペルニクス」の『②』の『自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる』ペンデュラム効果を適用することはできません。なお、「ワンチャン!?」のカードの発動の効果処理時に、ダメージを与える処理は行われませんので、「ワンチャン!?」のカードの発動時の効果を、「DD魔導賢者コペルニクス」の『②』のペンデュラム効果を適用して無効にすることもできません。

 

Q:ユニオンキャリアーの効果で装備されたDDモンスターを素材に魔神王の効果でテムジンを融合召喚できますか?

A:できません。

 

Q:相手フィールドに魔鐘洞がある時にカリユガをエクシーズ召喚しました。魔鐘洞の効果でカリユガの効果は無効化されますか?
A:無効化されません。カリユガの効果によって魔鐘洞の効果が無効化されます。

 

Q:①の効果をすでに使用したDDD呪血王サイフリートを相手がエネミーコントローラーの効果でコントロールを奪いました。そのターンに相手はDDD呪血王サイフリートの①の効果を発動できますか?

A:相手はそのターン「DDD呪血王サイフリート」の『』の効果を発動できます。

 

Q:DDアークの効果でDDオルトロス特殊召喚しました。このときDDオルトロスの②の効果は適用されますか。
A:「DDオルトロス」の『②』の効果は無効になります。したがって、そのターン、自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できます。

 

Q:自分フィールドにDDD烈火王テムジンがいるときに、ペンデュラムエクシーズの効果でPゾーンのDD魔導賢者ケプラーとDD魔導賢者トーマスを特殊召喚し神竜騎士フェルグラントをエクシーズ召喚しました。

このときDDD烈火王テムジンの効果を発動することはできますか。
A:「神竜騎士フェルグラント」のエクシーズ召喚成功時に「DDD烈火王テムジン」の『①』の効果を発動することができます。

 

 Q:DD魔導賢者ケプラーのモンスター効果を自分フィールドのDDラミアを対象に発動しました。このとき相手は灰流うららの効果を発動できますか。
A:「DD魔導賢者ケプラー」の『●このカード以外の自分フィールドの「DD」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す』のモンスター効果の発動にチェーンして「灰流うらら」の効果を発動することはできません。

 

Q.:相手がヌメロン・ネットワークの①の効果をヌメロン・ダイレクトを墓地に送り発動しました。これに対し、自分のDDD怒濤大王エグゼクティブ・シーザーの①の効果を発動することはできますか。
A:チェーン2で「DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」の『①』の効果を発動することはできません。

 

Q:自分のDDD深淵王ビルガメスの①の効果にチェーンして、相手が鉄騎龍ティアマトンの効果を発動し、モンスターゾーンの右端に特殊召喚しました。

この場合、DDD深淵王ビルガメスの効果でDDカードをPゾーンに置くことはできますか。
A:ご質問の場合、「DDD深淵王ビルガメス」の『デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、自分は1000ダメージを受ける』の処理は行われません。

Q:また、そのターンにDD以外のモンスターを特殊召喚できますか。
A:ご質問の場合、「DDD深淵王ビルガメス」の『この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない』の効果が適用されているため、このターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できません。

 

Q:相手が閃刀機関ーマルチロールの①の効果を適用したターンに、閃刀機ーウィドウアンカーを発動しました。

それにチェーンして戦乙女の契約書のカードの発動を行い、さらにそれに対してDDD呪血王サイフリートの効果を閃刀機ーウィドウアンカーを対象に発動できますか。
A:相手が「閃刀機関-マルチロール」と「閃刀機-ウィドウアンカー」の2枚をコントロールし、自分が「戦乙女の契約書」と「DDD呪血王サイフリート」の2枚をコントロールしている場合、としてご案内いたします。すでに「閃刀機関-マルチロール」の効果が適用されているターン、相手の「閃刀機-ウィドウアンカー」にチェーンして、自分は「戦乙女の契約書」のカードの発動も、効果も発動もすることができません。よってご質問のように、「閃刀機-ウィドウアンカー」の効果を「DDD呪血王サイフリート」で無効にすることはできない、となります。

 

Q:相手の威嚇する咆哮が適用されているターンに、自分のGO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジの①の効果を発動し、●このカードは直接攻撃できる を選ぶことはできますか。
A:ご質問の場合、「GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ」の『①』の効果を発動し。『●このカードは直接攻撃できる』の効果を選ぶことはできます。なお、「威嚇する咆哮」の効果が適用されていますので、「GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ」は攻撃宣言を行うことはできません。

 

Q:DDアークの効果でDDオルトロス特殊召喚しました。このときDDオルトロスの②の効果は適用されますか。
A:ご質問の場合、「DDオルトロス」の『②』の効果は無効になります。したがって、そのターン、自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できます。

 

Q:自分のモンスターゾーンに「DDD神託王ダルク」が表側表示で存在し、相手の魔法&罠ゾーンに「シモッチによる副作用」が表側表示で存在しています。

この状況で、自分の「素早いモモンガ」の『このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分は1000ライフポイント回復する』効果が発動した場合、処理はどうなりますか?また、同じ状況で自分の「戦乙女の契約書」の『③:自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000ダメージを受ける』効果が発動した場合、処理はどうなりますか?

A:質問の状況の場合、自分の「DDD神託王ダルク」の『①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分にダメージを与える効果は、自分のLPを回復する効果になる』効果と、相手の「シモッチによる副作用」の『このカードがフィールド上に存在する限り、相手ライフを回復する効果は、相手ライフにダメージを与える効果になる』効果がそれぞれ適用されています。この場合、「素早いモモンガ」の効果が適用される際には、自分は通常通りの1000ライフポイントを回復する事になります。また、「戦乙女の契約書」の効果が適用される際には、自分は通常通り1000ダメージを受ける事になります。

 

Q.自分フィールドにDDD神託王ダルクが存在しているときに、自分が破壊輪を発動しました。このときお互いはダメージをうけますか。
A.ご質問の場合、「破壊輪」の『その表側表示モンスターを破壊し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける』の効果の処理の際、「DDD神託王ダルク」の効果によって、自分のライフポイントは回復します。

したがって、『その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える』の効果の処理で相手にダメージは与えません。

Q.また、豪炎のバリアファイヤーフォースを発動した場合はどうなりますか。
A.ご質問の場合、「業炎のバリア -ファイヤー・フォース-」の『相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、自分はこの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける』の効果の処理の際、「DDD神託王ダルク」の効果によって、自分のライフポイントは回復します。したがって、『その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える』の効果の処理で相手にダメージは与えません。

 

Q:相手のアフター・グローの効果で4000ダメージをうける際に自分のPゾーンの
GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジのP効果を適用し、ダメージを0にすることはできますか。
A:ご質問のように、「アフター・グロー」の効果で自分がダメージを受ける際に、「GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ」の『①』のペンデュラム効果を適用できます。結果的に、自分が受けるダメージは0になります。

 

Q:自分が戦闘ダメージをうけた際に手札のDDオルトロス特殊召喚しました。この時、PゾーンのDDD壊薙王アビス・ラグナロクの効果を発動することはできますか。

A:「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のペンデュラム効果をダメージステップに発動することはできません。したがって、ご質問の場合、ダメージステップ中に「DDオルトロス」が特殊召喚されてことをきっかけとして、「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のペンデュラム効果を発動することはできません。

 

Q:自分のジャックインザハンドの効果で相手の手札にドロール&ロックバードが加わりました。この時相手はそのドロール&ロックバードの効果を発動できますか。

A:ご質問の場合、自分は『自分は残りのカードの中から1体を選んで手札に加え』の処理によってデッキからカードを手札に加えましたので、効果の処理後に、相手は手札に加えた「ドロール&ロックバード」の効果を発動することができます。

 

Q:墓地にある自分のDDラミアの効果を発動しました。これに対しDDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザーの①の効果を発動した場合、場のDDモンスターとDDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザーの攻撃力を上げることはできますか。

A:ご質問の場合、「DDラミア」の効果の発動は無効になりますが、墓地のカードは破壊されません。したがって、「DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」の『その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1800アップできる』処理は行われません。

 

Q:手札にある自分のDDラミアの効果を発動しました。これに対しDDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザーの①の効果を発動した場合、場のDDモンスターとDDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザーの攻撃力を上げることはできますか。

A:ご質問の場合、手札で発動した「DDラミア」の効果の発動は無効になり破壊されますので、「DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」の『その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1800アップできる』効果は通常通り適用できます。

 

Q:自分が地獄門の契約書の効果で1000ダメージをうける際に地獄の扉越し銃を発動することはできますか。
A:「地獄の扉越し銃」は、カードの効果によってダメージを与える魔法・罠カードのカードの発動、または、カードの効果によってダメージを与えるモンスター効果の発動に、直接チェーンして発動します。「地獄門の契約書」の『③』の効果の発動は、"魔法カードの発動"ではなく"魔法カードの効果の発動"になります。したがって、「地獄門の契約書」の『③』の効果の発動にチェーンして、「地獄の扉越し銃」を発動することはできません。

 

Q:地獄門の契約書の効果でダメージを受ける際にダメージ・ポラリライザーを発動することはできますか。

A:「ダメージ・ポラリライザー」は、魔法・罠カードの発動またはモンスター効果の効果の発動にチェーンして発動できるカードであり、すでに表側表示で存在している「地獄門の契約書」の『②:自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000ダメージを受ける』の効果の発動にチェーンして発動することはできません。