DDD研究所

ーーーー・----・----・

DDD展開考察

DDの展開パターンは膨大でここでは紹介しきれないので、一例として
ケプラー、ネクロ、ラミアの3枚を使った展開を解説を交えながら紹介します。

 

⓵テムジンを融合し、DDモンスターを並べよう
スワラルスライムでテムジンを融合召喚し、スワラルスライムで手札のDDを特殊召喚
さらにテムジンの効果で融合素材にしたDDを蘇生させる動きが強力です。
そのため、スワラルスライムかケプラーを含むDDモンスター3枚
もしくは地獄門の契約書とDDモンスター2体が展開の基本になります。
このDDモンスターがチューナーであるラミアもしくはゴーストだった場合、ハリファイバーを使った展開が可能になるので格別強力な制圧盤面を作ることができます。

初動:ケプラー、ネクロ、ラミア

  1. ケプラーを通常召喚し、地獄門をサーチ
  2. 地獄門の効果でスワラルをサーチ
  3. スワラルとネクロでテムジンを融合
  4. スワラル効果で手札のラミアを特殊召喚
  5. テムジンの効果でネクロを蘇生

 

これでテムジン、ケプラー、ラミア、ネクロの4体が並びました。
 

 

⓶蘇生効果を起動させて連鎖的に展開しよう
テムジンやアレクサンダーなどのDDDモンスターの多くは、DDが召喚、もしくは特殊召喚された場合墓地のDDモンスターを特種召喚させる効果を持っています。
この効果を使って連鎖的に展開していくのがDDの特徴のひとつです。

5:テムジンとラミアでアレクサンダーをシンクロ召喚
6:アレクサンダーとコペル二クスでクロシープをリンク召喚
7:ネクロスライムの効果で、ネクロスライムとテムジンで大テムジンを融合召喚
8:クロシープの効果でラミアを蘇生
9:大王テムジンの効果でアレクサンダーを蘇生
10: